メンバー日記・三叉路活動日記


by blog336
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

混xxxちきのアルバイトな日々

ということで 最近滞っていたアルバイトシリーズもまもなく一年を迎えます。
本当はあと3件分の短期バイトがありますが、あまりに短期なので省略いたします。ご了承くださいませ。(ネタが思い浮かばないもんで・・・)

今は派遣スタッフなんて言葉がありますが、当時はただの日雇いバイト。
言葉が生まれるだけで、人間の認識なんて簡単に変わってしまうもんです。

後ろ指をさされるような事も経験してきましたが、どんな仕事も人生のなかでは、たくさんの勉強ができます。
蔑(さげす)まれる、胸をはれないような人から軽蔑されるような仕事であったとしても、そこで経験したものを前向きにとらえ、人生の肥やしにすることはできます。

なんで俺は、私はこんなことをやっているんだろう。。。と悩む気持ちはよくわかります。
明日が見えない日々、昨日を見たくない日々、今から目を背けたい瞬間に開き直っても良いと思います。
開き直って、前向きにもう一度違う道を選ぶことは、逃げじゃないと思います。
闇に身を潜めた経験を後悔するのではなく、こんな世界も俺は、私は知っているんだよ、と だからあんなことはしちゃいけないんだ、と 若い人間に教えられたらすばらしいじゃないですか。
一度きりの人生何も無駄なことなんてないと僕は思います。
後悔という言葉より、反省という言葉に置き換えれば、人生はきっと豊かなものになるんじゃないかなと思います。

そんなわけで、混xxxちきのアルバイトな日々 はこれをもちまして最終回とさせていただきます。社会人経験をした後にも 同時通訳なんていう特殊な音響スタッフも経験しましたが、それはまた次の機会にでも・・・

 

アルバイトナンバー27…雀荘

数年間アルバイトでひたすら経験地を稼いできた僕が、社会人になるちょっと前にはじめたのが雀荘のボーイ。
動機はガキっぽくて、当時マガジンで連載していた「哲也 ~雀聖と呼ばれた男~」って漫画がちょっと面白くって、覗いてみたい好奇心から始めちゃいました。
僕自身、博打は中学生の頃 仲間内で賭けポーカーをやったくらいで、その後の人生では縁を切っていたんだけど、改めて生の現場に身を置いてみて非常に勉強になりました。

僕自身がどれだけ麻雀ができるかっていうと、役の種類をうろ覚えしているくらいで、点数計算もできないしゲームの始め方から、マナーまで完全なド素人。。。

麻雀ってのは基本的には4人いないと、卓がたたない(要は人数が足りなくてゲームが出来ないこと)
そこで雀荘のボーイ(通称雀ボーイ)が、独りで遊びに来たお客さんでもゲームができるように、卓についてお相手をするんだけど、当然そこにはゲーム料金ってのが発生する。
雀ボーイだからといって特別にゲーム料金が割り引かれるわけではない、。
もちろん逆に勝てばその分が手取りでその日の稼ぎにもなるから、たいてい雀ボーイってのは相手の強さに応じて自分のレベルをコントロールして、上手にお客さんに勝たせながらも最終的には自分に損のないように稼げるくらいの技量がないとつとまらないお仕事なんだな。

はてさて、そんな所に好奇心だけで飛び込んだ僕が稼げるはずがないのは明白で、自給750円のはずが、負けこんで平均的に300円~600円位のところでそれでも3ヶ月は勤めました。

ここでもホストの時と同じように、稼ぐことよりもその場の経験地を重視したので、僕の源氏名、、、というのかテーブルネームは「くろ」。
何者にも染まらない色を貫き、博打の世界には染まりませんでした。

お店が飯田橋にあったせいもあって、お客さんの半分以上が学生で 暇な時間をつぶしに来るんだけど、うーん・・・なんだか空気に馴染めませんでしたね。
たしかに麻雀はゲームとして完成されたすばらしい遊びだと思うんだけど、僕の身内にも博打全般、パチスロ 競馬、競艇、競輪なんかで身を崩している人が数人いて、彼らを見ると、この世界にだけは足を踏み入れちゃいけないと実感しました。

博打を上手に付き合えるうちはいいけれども、付き合い方を間違えてしまうと簡単に奈落に落ちちゃいます。
高所恐怖症の方なら、自分が命綱もつけずにビルの屋上から隣のビルまで細い板を渡して歩いていることを想像してください。
隣のビルに大金が詰まれていようと、一歩間違えれば落ちて死んでしまうスリルを味わうために踏み板をわたってしまう。
例え何度か大金を持ち帰れたとしても、欲望との付き合い方を知らない人はどんどん遠くのビルまで板を渡して気づいたら進むことも、戻ることもできなくなっている。

ま、遊びと割り切れる付き合い方ができる人は確かに多いので、それはそれでいいと思うんですが、僕には向いていない世界だなぁと実感しました。

結局、面白い世界だったけど、点数計算もできないまま退店しました。。。。


そして退店して翌日から恵比寿ガーデンプレイスのビルの中、レンタルオフィスに居を構えていたエッグランドに勤務することになるのですが、次回からは 混xxxちきの社会人な日々 としてだらだらと不定期に連載させていただきます。

どうもありがとうございました。
by blog336 | 2007-06-26 02:50 | 混ちゃん